admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんやかんやあって先輩とメアド交換ヽ(*´∀`)ノ

先輩が休む前日、お客さんの引継ぎをした

『なんかあったらメールして』
『100字でがんばってw』
「100字?あぁ、ショートメールだから」
「なんならメアド教えておきましょうか、これです」

みたいな、軽いノリで教えちゃった☆
まぁ、リアルな人は結構簡単に教えるからそれほど抵抗ないけど
先輩の場合はちょっと浮かれてる

『俺のメアドみても引かないでね』
「自分はたいていのことは引かないですよ」

先輩からメールが届く
件名かわっw顔文字だけっていうw
メアドは全然引かない
高校の頃から変えてないという、まさにそんな感じ
学生っぽい



この日、見た夢に先輩が出てきたからついでに書いておこう

何かの話の流れで

『じゃあ、俺と結婚してくれたらいいよ』
「(うん、と頷く)」
『え、本当に?』

ここで目が覚めた
一瞬かっ!
プロポーズされてるし、それ受けてるし、何の条件だ
軽いプロポーズすぐる

最近気づいたんだが、というか薄々で気づかないようにしてた

好きが溢れそうでここに吐いているけど
自分で頭の中整理しているってことは同じ感覚を思い出しているということで
好きな気持ちを倍増させているのではないかと
どうりで吐いてもさらに好きを実感するわけだと

ばっかで~ぃ

だって見てくれよ、ブログのトップがすべて先輩の記事
見えるところほぼブロッコリーw
右には申し訳程度に潤々
ここで潤々という単語自体が憚られるほど、まじ重症

もういいや、そのうち収まるよ、それまで好き勝手やる
そんなこと決めなくてもそうするけど
(あぁ言えばこう言う、自分の嫌いなとこ)

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


▲ Page Up

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 中二病に憧れる日常, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。